>
ふくやま市保育施設の魅力

「子育てするなら 我が街で」 福山市で子育てをする魅力

福山市は広島県東部に位置し人口47万人の中核市。瀬戸内海に面した温暖な気候で住みやすい街です。

市内にはたくさんのバラの花が溢れており、近年は風光明媚な鞆の浦をはじめ映画やドラマにもよく登場するようになりました。

 

周辺の都市に比べても保育所(園)やこども園の利用がしやすく、子どもを育てる環境・大事に預かる環境が整っています。

ゆえに保育施設や子育て支援施設も多く、子どもを産み育てる目安のひとつである「合計特殊出生率」では、中核市の中で全国1、2位の高い水準にあります。

 

子育てするなら 福山へ!

子育てOnly1、No1の街 福山へ!! 

保育士として栄養士として働くにもよい 福山へ!!!

 

子育て中の家庭、保育士を目指す方、福山のまちはみなさんを待っています。

 

 

 

私立認可保育施設の魅力

●私立認可保育施設(保育所(園)や認定こども園)は、多くの施設で0歳児(生後43日目より)より子どもを預けることができ、延長保育や休日保育(一部施設)を通じて、就労等を支援しています。

●障がいのあるお子さんに対応した保育やアレルギー除去食にも対応した給食の提供をしており、安心して預けられる環境整備にも努めています。

●ご家庭で保育をされている方に向けての子育て支援活動(相談援助・集いのひろば・ボランティアなどの保育体験)や一時預かり保育などを通じて地域に貢献しています。

●特色ある保育の実践や多様な保育(英語やスイミングや音楽活動)を提供しており、多くの職員が入園から卒園まで一貫して各家庭の子育ての見守りやコミュニケーションをとることができるようになっています。

 

子育て家庭のそばにあり、地域の中にある、私立認可保育施設協会加盟の保育施設をご利用ください。

 

ネウボラ推進課への移行

 福山市では、2017年4月に子育て支援課がネウボラ推進課へと変更となりました。

市内各所で母子保健と子育て支援の相談の充実が図られています。

 

福山がネウボラ相談窓口「あのね」を開設します

 妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行う福山ネウボラの相談窓口(子育て世代包括支援センター,愛称:あのね)を6月14日から市内12か所に開設します。 全国に先駆けてネウボラ相談員を配置して母子保健と子育て支援を一体的に進めています。

 

開設場所

 

No 愛称 場所 住所 電話番号
1 あのねRiM

ふくやま子育て応援センター
(エフピコRiM6階)

西町一丁目1番1号 (084)
932-7233
2 あのねすこやかセンター

健康推進課
(福山すこやかセンター6階)

三吉町南二丁目11番22号 (084)
928-1357
3 あのね松永支所

松永保健福祉課
(西部市民センター内)

松永町三丁目1番29号 (084)
930-0422
4 あのね北部支所 北部保健福祉課
(北部市民センター内)
駅家町倉光37番地1 (084)
976-1218
5 あのね東部支所 東部保健福祉課
(東部市民センター内)
伊勢丘六丁目6番1号 (084)
940-2583 
6 あのね神辺支所 神辺保健福祉課
(かんなべ市民交流センター内)
神辺町川北1151番地1 (084)
962-5056
7 あのね蔵王保育所 蔵王保育所 蔵王町二丁目8番50号 (084)
923-4352
8 あのね水呑立正保育所 水呑立正保育所 水呑町4168番地 (084)
956-1630
9 あのね西保育所 西保育所 古野上町15番5号 (084)
925-2621
10 あのね柳津保育所 柳津保育所 柳津町五丁目1番20号 (084)
933-4224
11 あのね新市保育所 新市保育所 新市町新市867番地5 (0847)
52-5580
12 あのね神辺保育所 神辺保育所 神辺町川南1030番地2 (084)
963-0093

 

※休館日…No.1は月曜日(祝日の場合は翌日),No.2~6は土・日曜日・祝日,No.7~12は日曜日・祝日